台湾映画史に燦然と輝く珠玉作が

五年の沈黙を破り待望の日本公開決定!

台湾の国民的人気絵本作家ジミー・リャオのベストセラー「星空」を、『九月に降る風』『百日告別』のトム・リン監督が映像化した本作は、2012年の大阪アジアン映画祭の特別招待作品として上映され大好評を博し、一般公開が熱望された。だが、それ以降日本の版権の所在が不明とされていた幻の作品。この度、遂に5年の沈黙を破って日本公開が決定した。

主演は『ミラクル7号』でのチャウ・シンチ―の息子役が話題になったシュー・チャオ、そして映画初出演のリン・フイミン。ベテラン俳優陣の名演に加え、アジアのスーパーバンドMaydayの石頭ことシー・チンハン、さらにグイ・ルンメイが特別出演し脇を固める。撮影は『モンガに散る』『捜査官X』『GF*BF』のジェイク・ポロック、音楽は日本のworld’s end girlfriendが参加するなど台湾、アメリカ、中国、韓国、フランスからスタッフが一堂に集結した。